アーユルヴェーダ体験記9日目(2018年10月16日)

アーユルヴェーダ体験記9日目(2018年10月16日)

 

今日はスリランカ最終日。帰りのフライトは昼間発だったので、早朝にホテルを出なければならず、最終日は治療を全く受けられませんでした。帰るだけです。

ホテルに聞いてみたところ、85USドルで空港までの送迎を行っているということでしたが、日本円に換算すると軽く1万円を超えていて、ルピー に直してみても14,000RSぐらいかかっていたので、

これは高いな、

と思い自分でタクシーを手配することにしました。

 

前回、コロンボからヘリタンスアーユルヴェーダまで送ってくれUberのドライバーに連絡を取ってみたところ、即 OK の返事が来たので彼に送ってもらうことにしました。

ホテル以上にぼったくられる可能性もありましたが、ここは賭けです。

 

13時発のフライトでしたが、念のために朝8時にホテルに来てもらうことにしました。

翌朝6時半に起床。

が、残念ながら過密スケジュールのため、朝開催されたアクアヨガに参加できず、朝食だけ食べてチェックアウトして出ることにしました。

ホテルのエントランスからゲートまではいきと同じくバギーで送ってもらいます。

ドライバーはクソ時間厳守で、僕がゲートにたどり着くよりも前に待っていてくれました。

スリランカの人は時間に厳しくしっかりしている印象です。

荷物をトランクに詰めてもらったあと、早速価格交渉。

あちらの言い値は「8500ルピー」とのことでした。

事前にUberで価格調査をしてみたら7700ルピーぐらいだったので、まあまあ相場といったところ。しかも、今回はコロンボから迎えに来てもらってますからね。

とはいえ、ホテルのタクシーよりも全然安くお得だったので、喜んで運んでもらうことにしました。

 

いきと同じで、音楽もなしで沈黙が続いていてちょっときまずかったですが、このドライバーはかなり良心的、紳士。

高速道路の料金を請求せずに自腹を切ってくれましたし、到着後も言い値の8500RS以上の高額な請求をすることはありませんでした。

このドライバーとの別れた瞬間に iPad を落として割れてしまうという事件がありましたが、なんとか空港に着けてよかったです。

 

これにてアーユルヴェーダの体験記は終了です。

一応、ヘリタンスアーユルヴェーダは帰りのタクシーも手配してくれるとのことなので、Uberでつか回らなかったらホテルのタクシーを利用してもいいと思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です